ヤマハ FZ750とは

ヤマハ FZ750とは、ヤマハ発動機が1985年に発売した、750ccのオートバイ。水冷DOHC5バルブ直列4気筒4サイクルのエンジンである。

世界初の5バルブDOHC直列4気筒を45度前傾させたエンジンは、GENESISと呼ばれ、画期的なエンジンであった。

デイトナ2000において、エディ・ローソンが操ったレースマシンは、ローソンレプリカとして、今でもFZ750をカスタムする際のお手本になっている。